うたたね日記~milky colorのお家から~

2012年に築22年の中古住宅を購入し、少しずつリフォームしながら整えています。家の事や日々の出来事・気付いた事などの記録です。

カテゴリ: キッチン

こまめとソファでくっついて

うたた寝するのが一番の安らぎ・・・

香ばしくてあったかい。




今日は、久しぶりにキッチンシンクで

オキシ漬け。

グラスやマグカップなど。


IMG_2826



中央の方は見えないけど、

透明のグラスもあります。

食洗器では落ちない汚れもあるのです。



家事って終わりがない・・・




※ライブドアブログの再設定が出来ていなくて
 今朝からブログを見る事が出来ませんでした。
 すみません。




読んで頂きありがとうございました。

感謝します。



更新の励みになります。
↓お手数ですが、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4月からは毎日更新しようと思っていたブログ。



体調が悪かったり(偏頭痛や風邪や無気力状態など)、

思いの他することが出てきたりで更新できず・・・

雨の日なんかほとんど動けないし・・・

5月から頑張ろう!!(無理かも



そんな私の大事な相棒。

それはASKOの食洗器。

定年まで働く予定で導入しましたが、

更年期障害であまり動けない私にとってはなくてはならない存在。

これのおかげで毎日何とかご飯を作る気になれます。




IMG_1281



長いバーを引っ張って扉を前に倒します。




上の段から、


IMG_1435




IMG_1431



IMG_1430



IMG_1429




大容量です。

(この日は、洗い物がそれほど多くない日です。)



1番下段についていたカトラリーケースは外した方が、

たくさん入るので使っていません。


IMG_1432




洗剤はフィニッシュを使っています。


IMG_1433




電源を入れたり、コース選択は扉の上のタッチパネルで行います。


IMG_1434




いつも2時間弱のコースで洗ってもらいます。


購入してから、すぐに新モデルに変わっているので、

あまり参考にならないと思いますが・・・


お値段が数万円アップするので、

導入の際に一番悩んだ

ミドルラック(カトラリーやキッチンツールを入れる下から二段目)は、

付けて正解でした。


これがあるので、洗いたい物がほぼ全部入ります。


キッチンをリフォームする前は、

Panasonicの据置タイプの食洗器を使っていました。

比べると、Panasonicはよく乾燥していて
仕上がりがピカピカ。
でも、お鍋や大きなボールは入らない。


ASKOは、大容量で全部洗える。
でも、少し乾燥が弱く水滴が付いている事も。
新モデルは、そのあたりが改良されているのではないでしょうか。



とにかく手洗いは出来るだけしたくないので、

今の自分にはASKOが合っていると思います。

この子がいないとダメって感じです。

今のところ故障もないので、

これからも大事に使って行きたいです。



余談ですが、ミーレの食洗器は割引が全くないとのことで、

キッチンメーカーさんがASKOを推薦してくれました。



ランキングに参加しています。
お手数ですが、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨晩は、すごい風雨でした。

春一番でしょうか?

今朝は良いお天気



今日は、久しぶりにキッチンのシンクでオキシクリーン漬けをしました。

我が家のキッチンシンクは、イギリス製です。

Villeroy&Boch'Farmhouse60' という物のようです。(カタログより)

IMG_1507




ちなみに、水栓もイギリス製で、

Perrin&Rowe'lonian'tapsという物のようです。(カタログより)

IMG_1508




このシンクのゴミ受けは、目が粗く大き目のゴミが流れてしまうので

普段は使っていません。

100均のゴミ受けを代用しています。

IMG_1208


IMG_1209





ただ、真ん中の金具を押込むと水を溜められる仕様になっていて、

オキシクリーンに漬け込む時はなかなか便利です。


IMG_1204



IMG_1505



オキシクリーンは、コストコで買って常備しています。

IKEAのワゴンRASKOGにビン2つ分を収納していて、

残りは床下収納にストックしています。


IMG_1510




この保存ビンは、密封できる容器ですが、

オキシクリーンは完全密封せず保存するのが良いとのことで、

(保存時も微量の酵素を出していて密封すると爆発するとのこと)

ふたは乗せてあるだけです。

たまに回して密封しそうになって危ないことも


IMG_1511



私は、このスプーンに一杯位を、シンクに入れてお湯(40℃以上)をそそぎます。

泡がシュワーと出てきます。

後は、洗いたいものを入れて、水かお湯を張って3時間位漬け込みます。


今日は、ガスレンジの五徳などのパーツと

プラスチックの水の保存容器を漬け込みました。


↓これを3つ

IMG_1513



3時間たったら、洗い流して終了。

シンクも真っ白になるのが気持ちいいです。


IMG_1202



オキシクリーン、色んな物に使えて便利ですよね。






ランキングに参加しています。
お手数ですが、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、曇っていて思ったより気温が上がらず


キッチンの続きです。


我が家のキッチンは、Rustic Twenty Sevenさんの

シェーカーキッチンです。

無垢材(パイン材)に、好きな色をペンキで塗って仕上げてもらっています。

白のキッチンが希望だったのですが、

白と言っても微妙に異なる白が何色もあるとのこと。

小さな板に6色位を職人さんが塗ってくれ、

何日も考えてやっと決まりました。

ペンキは英国のファロー&ボールと言うメーカーのものです。

補修用のペンキを少し頂きましたが、

念のため1缶予備に買っておこうと思って、

価格を調べると13,000円位したのであきらめました。



2年経って、少し汚れが付いてきた箇所もありますが、

補修用のペンキでたまに上から塗ったりする位です。



100年後には、アンティークになるとか・・・生きてないですね




いきなりですが、before→after


<before>
IMG_0079iphone

IMG_1137iphone

IMG_1139iphone





<after>
IMG_1181iphone




afterは施工完了後すぐの写真です。

きれいに仕上げて頂いて、職人さん達に感謝です。



冷蔵庫部分は、60㎝の冷蔵庫がぎりぎり入るスペースだったので

入居時に60cmの冷蔵庫を購入していました。

本当は68.5cmのものが欲しかったので、

今度買い替える時は、68.5cmの冷蔵庫が入るように

リフォームの際に幅を広げてもらうようお願いしました。

なので今は冷蔵庫の左右に余裕があります。



つまみは全てIKEAで購入しました。

丸いつまみは旧キッチンの時に交換して使用していたものを再利用しました。



シンク右側の大きな扉は、ASKOの60cmの食洗器です。

食洗器扉の取っ手もIKEA製品です。

近くにIKEAがないので、インターネットで探し回り楽天で購入しました。

今はページが削除されているので廃盤でしょうか?



IMG_1281





オーブンはガスレンジと同じHARMANのものです。

IMG_1211



オーブンの右側は調味料入れ、

左側は幅30cmほどの小さな収納スペースです。





レンジフードは、富士工業のものです。

IMG_1212


レンジフード スタンダード フシコウキヨウ BDR-3HL-751-W 送料無料
レンジフード スタンダード フシコウキヨウ BDR-3HL-751-W 送料無料


最近はかっこよくてお手入れ楽ちんなものもありますが、

白だったら何でも良いかな、という感じで選びました。

お手入れは大変ですが見た目は気に入ってます。

何よりコスト削減になりました。



壁のタイルは、LIXILのものです。

色んなメーカーから色んな種類のサンプルを取り寄せました。

結果、選んだものは昔ながらのシンプルな100mm角の白のタイルになりました。


IMG_1384


目地も白にしました。




天板は、人工大理石です。

当初はステンレス希望だったのですが、

メーカーさんが「シェーカーキッチンにはあまり似合わない」とのこと。


豪華に見える御影石なども検討しましたが、

高価なこと、固いので食器が割れやすいこと、

などのデメリットがあり却下。


それなら、人工大理石にしようかと考え直し、

少し前に家を建てた友人が、

「白の人大は汚れるし掃除が大変」と言っていたので、

黒にしました。

真っ黒ではなく白い点々が混ざっています。

お手入れ楽ちん、全体が引き締まったのではないかと満足しています。




ご覧のとおり収納スペースは少ししかありません。

それでも、どうしても大きな食洗器が欲しかったので、

キッチングッズや保存食品の整理をすることに決めました。






今日のこまめ。眠そう

IMG_1319




ポチッとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日も寒い!


私の宝物。それはキッチンです。

2年前に、Rustic Twenty Sevenさんでオーダーしたシェーカーキッチン。


システムキッチンも色々と見ましたが、どうも好みではなく。

インターネットでたどり着いたこのキッチンを見た瞬間これだ!と一目ぼれ。



ちなみに、私はモデルの雅姫さんやひよりごとのひよりさんの影響をかなり受けています。

ひよりさんがキッチンをリフォームされる前だったので、

前のキッチンを参考にさせてもらいました。



全体像が入りませんが、I型で273cm。

冷蔵庫部分は70cmあります。

リフォーム前のキッチンはコの字型で収納も多く、まだまだ使えそうでしたが、

白いキッチンが夢で、当時は仕事が忙しく、

どうしても大きい食洗器を入れたくてリフォームに踏み切りました。


予算の関係でコの字キッチンには出来ず、収納スペースがかなり減りましたが、

キッチングッズの整理や収納の見直しが出来て、ある意味良かったと思っています。


IMG_1375





既存の窓を生かしたキッチンにしたかったので、レイアウトを夜な夜な考えました。

私は背が低く、吊戸棚が窓より上にあるとほとんど使えないので、

吊戸棚は窓の横にひとつだけ設置し、

窓の上はオープン収納になるよう棚を作ってもらいました。



この棚には手元灯を2個埋め込んでもらいました。

IMG_1367

IMG_1383
class="pict" />



シンクと水栓はイギリス製です。

シンクは60cmで小さ目ですが、その分作業台が広くなり、

洗い物はほとんど食洗器におまかせなので必要十分です。

水栓も機能的には、何の便利さもありませんが、

可愛いのでお気に入りです。

IMG_1381



IMG_1380



ガスレンジは、ハーマン+doです。

これも見た目100%で選んでいます。

炊飯機能があるので、便利でほぼ毎日使っています。

IMG_1404

ノーリツ ビルトインコンロ N3WF2KJTKST S-Blink +DO プラスドゥ 専用ダッチオーブン付 都市ガス プロパン 3口ガスコンロ [1年保証付][ハーマンC3WF2KJTKST]《配送タイプA》
ノーリツ ビルトインコンロ N3WF2KJTKST S-Blink +DO プラスドゥ 専用ダッチオーブン付 都市ガス プロパン 3口ガスコンロ [1年保証付][ハーマンC3WF2KJTKST]《配送タイプA》



お揃いで食器棚も作ってもらいました。

ガラスをはめ込んだ上段には、

お気に入りの食器だけ入れています。


IMG_1374






今日は、友人が遊びに来ていたので、

お気に入りのロイヤルアルバート(ルビーセレブレーション)の

ティーセットでお茶しました。


IMG_1415




キッチンはweb内覧会②に続きます。




ポチッとお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ